コスプレウィッグ専門店 コンシェルジュ
HOME > 商品詳細

商品詳細

キャラクターウィッグ  お市風  ¥480(税別)
  • 商品コード:  56
  • 商品名: お市風
  • 販売価格(税別): 480円
申し訳ございませんが、
只今品切れ中です。

特記事項Notices

※髪の長さ90cm

戦国BASARA(戦国バサラ)『お市』について

戦国BASARA(戦国バサラ)『お市』

"織田信長の妹であり、浅井長政の妻。「美女」という点以外に史実の面影は皆無で、「〜も市のせい…」が口癖の自虐的な性格。知らず知らずのうちに己が美貌を利用して、部下を裏からコントロールする魔性の女としての側面も持つ。その魔性は半兵衛もそれなりに評価している。
信長に対面したり蘭丸に挑発されたり大技を撃つ時などには、信長の妹であることを証明するような鬼気迫る狂気の本性が表に出る。濃姫曰く、「この世でただ一人真に上様を理解できる者」らしい。『英雄外伝』よりプレイヤー武将に格上げ。
『2』における通常攻撃モーションはまつ。味方に攻撃を当てる事が可能であったが、『英雄外伝』では不可能になっている。戦場で死亡した武士たちの怨念を、黒い手として具現化し攻撃に使うという特徴的な固有技を持つ。この黒い手は撃破された際のモーションでも見られる。
『英雄外伝』ではストーリーモードのEDの演出が他の武将と異なり、挿入歌「眠れ緋の華」(歌はお市を演じる能登麻美子)が流れる。徐々に彼女の心が崩壊していくストーリー展開は、シリーズ史上最も陰鬱[5]。また、能登の代表作の一つである『地獄少女』を意識した演出がなされており、彼女の第七武器(藁人形の形をした双薙刀(?)「呪恨」)等にもそれが見られる。
長政のストーリーでは自虐的な所こそ変わりないが、自身のストーリーとは打って変わって、ほのぼのとした会話や健気な性格も見せている。
衣装其の弐は巫女のような姿だが、暗いカラーリングである。衣装其の壱(染)は、長政の衣装其の壱とお揃いのカラー。"