コスプレウィッグ専門店 コンシェルジュ
HOME > 商品詳細

商品詳細

キャラクターウィッグ  毛利元就風  ¥280(税別)
  • 商品コード:  52
  • 商品名: 毛利元就風
  • 販売価格(税別): 280円
申し訳ございませんが、
只今品切れ中です。

戦国BASARA(戦国バサラ)『毛利元就』について

戦国BASARA(戦国バサラ)『毛利元就』

"この作品では貴族風の冷ややかな青年として描かれる。勝つ為だけに利己的な策を練り、実行する策略家。権謀術数を駆使し、部下ですら駒としか考えない冷酷非情な謀将。普段は冷静だが、自分の計算通りにいかないと苛立ち、狼狽する。日輪(太陽)信仰に篤い。
同じ瀬戸内を領土に持つ長曾我部元親とは考えの相違もあって対立関係にあり、『2』のストーリーモードでは、元親から「独りぼっちの寂しい奴」と揶揄されたことに激昂し、「我を理解できる者は、この世に我だけでよい!」とまで言った。他にも多くのキャラクターからその冷酷な人間性が批判されている。ただし光秀には「同類(光秀曰く、同じ腸から生まれた腐肉の匂い)」と思われており、部下を部下とも思わないその非情さを評価されている。
天下統一を夢見る武将がほとんどの中、自身の領地・中国地方の平定と毛利家の安泰のために戦っており、そのためには自身も駒であるといってはばからない。政宗に対して「気まぐれにとれるほど天下は易くない」と嘲ったり、豊臣や織田には「これで我と肩を並べたつもりか、豊臣!」、「織田など、一匙ほどの興味もないわ 」と言い放ったりするなど、天下にこだわる彼らとの立ち位置の違いも、キャラクターの中では異色である。
『2』では使用可能キャラクターに昇格し、武器も変更。固有技には設置型の罠や敵の味方化など、トリッキーなものが揃う。更に光秀同様デフォルトで味方に攻撃を当てることが可能。
『2』のザビー城脱出戦では何故かザビー教に入信しており、「サンデー毛利」と名乗っている。(なおザビー編のストーリーモードで、ザビー教に陥落するまでの経緯が描かれている)"